京都環境フェスティバル2020は終了しました。
京都環境フェスティバル2021特設サイトはこちらです。

京都環境フェスティバルの歌

〜みんなのMy SDGs宣言がつながり、
ひとつの歌になる〜

完成イメージ:一本の木をたくさんの吹き出しが取り囲んでいる「飢餓をゼロに。質の高い教育をみんなに。海の豊かさを守ろう。気候変動に具体的な対策を。パートナーシップで目標を達成しよう。すべての人に健康と福祉を。貧困をなくそう。住み続けられるまちづくりを。」

みんなのMy SDGs 宣言(行動目標)をつなぎ、
京都環境フェスティバルテーマソング、
「きれいなまち きれいなこころ」が完成しました!
ぜひお楽しみください。

京都環境フェスティバルテーマソング
「きれいなまち きれいなこころ」

京都環境フェスティバルテーマソング「きれいなまち きれいなこころ」

作詞 京都環境フェスティバル2020参加者の皆さん × さぁさ
作曲 さぁさ
唄 さぁさ

きれいなまち きれいなこころ

自然とともに よりよい暮らし みつかる・つながる
いつものカバンには マイボトル・エコバッグ
服はフリマで ゴミは分別 持続を可能に
旬の食材 余らないよう リメイクしよう

地球の豊かさを守りながら
愛を持って行動しよう

きれいなまち きれいなこころ 優しくなれたら嬉しいな
京都の未来のために 誰かのために

残さず食べる ポイ捨てしない ささいなことから
長く使える・または使い切る 次の世代へ

花や草木を増やしてみたり
太陽のパワー ちからに変えて

みどりのカーテンで 夏を涼しくエコに
冬は着込んで 調節しよう
ふんわりアクセルでドライブ お裁縫が上達した
ゆっくり生きるシアワセ 繋いでいく

きれいなまち きれいなこころ 優しくなれたら嬉しいな
京都の未来のために 誰かのために
あなたのために

My SDGs宣言(行動目標)とは?

持続可能な社会のために各自が実行できる行動目標を京都環境フェスティバルのホームページに宣言することです。SDGsの17の目標を参考にしながらオリジナルなMy SDGs宣言を考えてみましょう。日々の生活の中で実行できること、明日から取り組めることなど、身近なことで構いません。そうした一人ひとりの新たな行動が増えていくことで、京都、日本、そして世界をより良くしていく大きな力になることでしょう。

「みんなの宣言の木」とは?

みんなのMy SDGs宣言(行動目標)をつなぎ、京都環境フェスティバルのオリジナルソングだけでなく、「みんなの宣言の木」を、成長させることができます。
また、その成長の具合を、ウェブサイト上でご覧いただくことができます。
みんなの宣言で、大きな木に育てましょう!

シンガーソングライター さぁささん

さぁささんの写真

アコースティックギターとウクレレを使い、胸の内を柔らかな声で弾き語るシンガーソングライター。
2009年にメジャーデビューし、アルバム3枚をリリースした後、2014年よりフリーランスのアーティストとして活動を再開させる。
現在はライブ活動の他に、様々な施設や企業のテーマソングを担当。
朝日放送ABCラジオのステーションジングルを担当し、番組「武田和歌子のぴたっと。」内で作詞作曲コーナーを4年間担当、約100曲作る。
公式ウェブサイト:さぁさWEB
YouTubeチャンネル

みんなの宣言の木

「みんなのMy SDGs」をご覧いただけます。

青々とした葉と身を実らせた美しい樹木

宣言数:126人(2021年2月17日 現在)

宣言の一例です。読み込むたびに変わります。

  • マイボトルを持ち歩いています。紙箱の石鹸を使用しています。
  • 着なくなった服を寄付して、有効利用してもらえるよう取り組みます。マイボトルを持ち歩き、ペットボトル飲料などのゴミを減らす努力をします。
  • 勿体ない
  • 私たちは、人・自然・地域を愛する人づくりを通じて、持続可能な社会を担っていく人材育成に貢献します。
  • 在宅の時間を活用して、家屋や家具の修繕を進めます。長く心地よく過ごせる住まいを!
  • 必要なものを必要な分だけ。使い捨てのペットボトルを減らすため、面倒でもお茶沸かして、 水筒持参しています。
  • 「お裁縫」の上達!!
  • 飲める水、遊べる水辺を将来の世代に引き継ぎ、世界各地に広める活動を、持続して行っていきたい。
  • 環境学習施設に携わる者として、スタッフ皆で行動目標としている事。「SDGs」という言葉が、決して何となくの「理念」「抽象」で終わらず、お客様(来館者/体験者)にとって自分事であり、その方自身の身近な行動に置き換えていけるような館内外でのプログラムを実施します。また参加者が、やがて家族や仲間にまでその考え方を広げていきたくなるような、具体的な気づきや行動の啓発を続けたいと思っています。やがてそれが、1人1人の考え方と行動を変え、やがて世界中でのSDGsの達成に繋がると信じています。
  • 公共交通をできる限り使用し、渋滞を抑制することで、CO2の排出を抑えるとともに、本当に自家用車を必要とする人がスムーズに移動できるようにします。