京都環境フェスティバル2020は終了しました。
京都環境フェスティバル2021特設サイトはこちらです。

京都環境フェスティバルの歌

〜みんなのMy SDGs宣言がつながり、
ひとつの歌になる〜

完成イメージ:一本の木をたくさんの吹き出しが取り囲んでいる「飢餓をゼロに。質の高い教育をみんなに。海の豊かさを守ろう。気候変動に具体的な対策を。パートナーシップで目標を達成しよう。すべての人に健康と福祉を。貧困をなくそう。住み続けられるまちづくりを。」

みんなのMy SDGs 宣言(行動目標)をつなぎ、
京都環境フェスティバルテーマソング、
「きれいなまち きれいなこころ」が完成しました!
ぜひお楽しみください。

京都環境フェスティバルテーマソング
「きれいなまち きれいなこころ」

京都環境フェスティバルテーマソング「きれいなまち きれいなこころ」

作詞 京都環境フェスティバル2020参加者の皆さん × さぁさ
作曲 さぁさ
唄 さぁさ

きれいなまち きれいなこころ

自然とともに よりよい暮らし みつかる・つながる
いつものカバンには マイボトル・エコバッグ
服はフリマで ゴミは分別 持続を可能に
旬の食材 余らないよう リメイクしよう

地球の豊かさを守りながら
愛を持って行動しよう

きれいなまち きれいなこころ 優しくなれたら嬉しいな
京都の未来のために 誰かのために

残さず食べる ポイ捨てしない ささいなことから
長く使える・または使い切る 次の世代へ

花や草木を増やしてみたり
太陽のパワー ちからに変えて

みどりのカーテンで 夏を涼しくエコに
冬は着込んで 調節しよう
ふんわりアクセルでドライブ お裁縫が上達した
ゆっくり生きるシアワセ 繋いでいく

きれいなまち きれいなこころ 優しくなれたら嬉しいな
京都の未来のために 誰かのために
あなたのために

My SDGs宣言(行動目標)とは?

持続可能な社会のために各自が実行できる行動目標を京都環境フェスティバルのホームページに宣言することです。SDGsの17の目標を参考にしながらオリジナルなMy SDGs宣言を考えてみましょう。日々の生活の中で実行できること、明日から取り組めることなど、身近なことで構いません。そうした一人ひとりの新たな行動が増えていくことで、京都、日本、そして世界をより良くしていく大きな力になることでしょう。

「みんなの宣言の木」とは?

みんなのMy SDGs宣言(行動目標)をつなぎ、京都環境フェスティバルのオリジナルソングだけでなく、「みんなの宣言の木」を、成長させることができます。
また、その成長の具合を、ウェブサイト上でご覧いただくことができます。
みんなの宣言で、大きな木に育てましょう!

シンガーソングライター さぁささん

さぁささんの写真

アコースティックギターとウクレレを使い、胸の内を柔らかな声で弾き語るシンガーソングライター。
2009年にメジャーデビューし、アルバム3枚をリリースした後、2014年よりフリーランスのアーティストとして活動を再開させる。
現在はライブ活動の他に、様々な施設や企業のテーマソングを担当。
朝日放送ABCラジオのステーションジングルを担当し、番組「武田和歌子のぴたっと。」内で作詞作曲コーナーを4年間担当、約100曲作る。
公式ウェブサイト:さぁさWEB
YouTubeチャンネル

みんなの宣言の木

「みんなのMy SDGs」をご覧いただけます。

青々とした葉と身を実らせた美しい樹木

宣言数:126人(2021年2月17日 現在)

宣言の一例です。読み込むたびに変わります。

  • 食材の適量購入と使い切りを心がけ、ゴミを減らします。
  • 環境にやさしい木材の普及に努めます。
  • 無駄なものを買わない。着ない服とか多い。ミニマリストの様な生活を目指す。環境の持続可能性に貢献する。
  • 私たちは、よりよい社会にするため、子供たちが問題点と自分たちにできることを自ら考え行動できる機会をつくります
  • 私たちは、多くの場所で環境保全活動が展開されていくために、人材育成・支援、活動の場創り、ソフト開発で得たノウハウ、成果を国内外に発信します。
  • 京都エシカル宣言(2019.3.9 エシカル・ラボ in 京都) 京都は、千年の都として自然の恵みを活かし、人々の営みによる伝統を踏まえた豊かな文化を育んでまいりました。長い都の歴史の中で、先人たちは、自然との共生や他者への思いやりの中で、まさに、自然災害や時代の大きな変転にもかかわらず、その時々の知恵とたゆまない努力で立ち向かい暮らしの営みを続けてきたのです。今日、我々は持続可能な社会を脅かす地球規模での困難な多くの課題に直面していますが、先人たちから受け継いだ、京都の素晴らしい文化を、子どもたちにしっかり引き継ぐとともに、「もったいない」や「しまつ」といった京都に息づく生活の知恵を改めて思いおこし、環境や社会、地域に思いを致す消費行動である「エシカル消費」の芽を大きく開花させることが必要です。地球の未来につながる行動を、ここ京都から世界に向けて発信しなければなりません。子どもたちに、美しい京都と希望ある未来を引き継ぐため、私たちは、一人ひとりが持てる力を尽くし、ここ京都から、エシカル消費を推進していくことを宣言します。
  • 「脱プラスチックに貢献します」宣言 Ex.ペットボトルの購入を控える等
  • 私のSDGs宣言は、海が好きなので季節をとわず海へ遊びに出かけた時は、 浜辺に打ち上げられたゴミをできる範囲で持ち帰っています。行く前よりもキレイに!です
  • とにかく歩くようにしています。すこしでも温室効果ガスの削減になればと思います。
  • 明日の社会の担い手となる子どもたちの教育に注力する