京都で学ぶ、伝える。環境学習の情報サイト(京都府内の環境学習がまるわかり!)

「エコこと学ぼ」とは?

「エコこと学ぼ」は、京都府の環境教育・環境学習のノウハウ共有サイトです。

Pick up!

出前講義

  • 太陽熱温水器工作教室

    「太陽熱温水器工作キット」を活用した工作教室プログラムです。単に工作で楽しむだけではなく、温暖化問題の基礎情報や再生可能エネルギー利用の重要性についても学びます。学校での授業のほか、夏休みの自由研究と...続きを読む

すべての出前講義を見る

学習機材・教材

  • 地球温暖化啓発パネル

    温暖化による影響や被害の崩壊、家庭企業でできる具体的な取り組みについて紹介しています。

  • 自転車発電装置キットの販売

    オルタネーターや整流回路など、自転車発電装置を作るために必要な部品1式と、写真解説入りの製作マニュアルがセットになっています。はんだ付けなどの作業過程があり、自分で作る面白さがあります。科学クラブでの...続きを読む

すべての学習機材・教材を見る

京都で学べる講師紹介

根岸哲生

京都府地球温暖化防止活動推進センター

温暖化のクイズや再生可能エネルギーの工作教室(子ども向け)を行います。 工作教室をやっていて印象的なのは、夢中になって手を動かして工作をしていた子どもが、できあがったものを持って、すぐに試してみようと...続きを読む

岸本紗也加

総合地球環境学研究所 研究基盤国際センター(コミュニケーション部門)

私は環境教育を専門として学んできた人間ではありません。ですが、今振り返ると環境と教育のどちらにもリンクする研究と活動を継続してきたように思います。大学院時代に北アフリカのモロッコで環境をテーマとした国...続きを読む

西澤浩美

京都府地球温暖化防止活動推進センター

子育て時期に子どもの自然体験の大切さ、自然を感じる「センスオブワンダー」を子どもたちの心に育てたいと、環境教育の世界に足を踏み入れて早20年。 体験学習やグループワークを中心としたプログラムを実施する...続きを読む

すべての講師を見る

イベント情報

  • 第10回「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式及び「京都環境文化学術フォーラム」国際シンポジウム

    開催日2019年2月9日(土)

    「KYOTO地球環境の殿堂」運営協議会及び京都環境文化学術フォーラムでは、毎年、世界で地球環境の保全に著しい貢献をされた方々を顕彰するため、「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式を開催するとともに、殿堂入り者等を囲む国際シンポジウムを開催しています。 今年度は、クリスティアナ・フィゲレス氏(外交官/前国連気候変動枠組条約事務局長)をはじめとする3名の殿堂入り者や、気候変動イニシアティブ代表の末吉 竹二...

  • 京都丹波高原国定公園ネイチャーフェスタ

    開催日2019年3月3日(日)

    千年の都「京都」の生活や文化を支えてきた京都丹波高原国定公園。国定公園の豊かな自然や伝統文化について、シンポジウムや特別企画展示などでその実態に迫ります。ぜひご来場ください。 日時:3月3日(日) 14:00-16:00 会場:京都丹波高原国定公園ビジターセンター 愛称 京都の森の案内所(京都府南丹市美山町安掛下23 道の駅美山ふれあい広場内) ◆シンポジウムプログラム(定員100名、先着順) 開...

  • 京と地球の共生府民会議 環境連続セミナー「気象状況と大気汚染」

    開催日2019年3月6日(水)

      気象状況と大気汚染には密接な関係があります。例えば気温が高く、日差しが強く、風が弱い日には光化学スモッグが発生しやすくなります。また、これから春にかけて気象状況により黄砂などの越境汚染が懸念されます。来年度の気象状況やひまわり8号による黄砂の把握状況と京都府の光化学オキシダント、PM2.5などを中心とした大気汚染の状況について理解を深めていただきます。 ◆日 時:平成31年3月6日(...

  • 京と地球の共生府民会議 環境連続セミナー「海岸漂着物―国境を越える環境汚染―」

    開催日2019年3月6日(水)

      昨今、海岸漂着物が大きな問題となっています。国境を越えて漂着するごみについて、またその中でも、最近注目されているマイクロプラスチックについて講演を聴いていただくだけでなく、会場とのセッションなどを通じて、理解を深めていただきます。 ◆日 時:平成31年3月6日(水) 14時~16時 ◆会 場:パタゴニア京都店 3階 イベントスペース (京都市下京区四条通立売東町23番地) ◆内 容:...

すべてのイベント情報を見る

ページの先頭へ