講師検索

講師一覧

5件の登録があります。

  • 西澤浩美 (にしざわひろみ)

    温暖化・気候変動 循環型社会 再生可能エネルギー 

    子育て時期に子どもの自然体験の大切さ、自然を感じる「センスオブワンダー」を子どもたちの心に育てたいと、環境教育の世界に足を踏み入れて早20年。
    体験学習やグループワークを中心としたプログラムを実施するように心がけています。
    職場では、地球温暖化問題という大きなテーマに立ち向かって、低炭素なライフスタイルへの転換の実現を後押しできればと、日々奮闘しています。
    とりわけ、近年は「食×地球温暖化」をキーワードに、食べ物に視点を当てたプログラムの実践をしています。
    地元では、子どもたちと里山に出かけ、自然観察や里山作業、アウトドアクッキングなどお手伝いし、子どもたちと一緒に体験を共有する日々を過ごしています。

  • 根岸哲生 (ねぎしてつお)

    温暖化・気候変動 再生可能エネルギー 

    温暖化のクイズや再生可能エネルギーの工作教室(子ども向け)を行います。
    工作教室をやっていて印象的なのは、夢中になって手を動かして工作をしていた子どもが、できあがったものを持って、すぐに試してみようとうずうずしている姿です。
    温暖化問題を知り、工作を楽しむ中で、今まで見えなかったエネルギーについて触れて、好奇心を持って温暖化対策に挑戦してもらったら嬉しいです。

  • 木原浩貴 (きはらひろたか)

    温暖化・気候変動 再生可能エネルギー 

    大学在学時からNPO法人気候ネットワークでボランティア活動を開始。小学校での出前授業などのプロジェクトを担当。大学卒業後、同団体のスタッフに就任。平成15年の京都府地球温暖化防止活動推進センター立ち上げに携わり、設立と同時にスタッフに就任。平成23年より同センター事務局長。
    修士(政策学)。

  • 岸本紗也加 (きしもとさやか)

    自然環境・生物多様性 循環型社会 

    私は環境教育を専門として学んできた人間ではありません。ですが、今振り返ると環境と教育のどちらにもリンクする研究と活動を継続してきたように思います。大学院時代に北アフリカのモロッコで環境をテーマとした国際協力のあり方を考えたり、モンゴルで環境保護活動を行ったり、卒業後は日本語教師をしたりしてきました。2016年4月からは京都の上賀茂にあります、総合地球環境学研究所(通称:ちきゅうけん)で環境教育を担当しています。私の過去の経験が環境教育の企画、運営、実施に活かせないか、考え、実行し続けています。

  • 山見拓 (やまみひらく)

    温暖化・気候変動 再生可能エネルギー 

    ■会社での任務
    小中規模事業所・工場の簡易省エネ診断+改善提案
    家庭における省エネ、エネルギー消費に関する調査研究
    事業所・商店における省エネに関する調査研究
    自転車発電装置のメンテナンスと改良
    都市型太陽エネルギー利用に関する調査研究
    ベランダ太陽光発電ワークショップ
    省エネお助けグッズの開発
    資料整理、半田付けetc..


ページの先頭へ